外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

ビザ申請を自分でする場合の注意点

ビザ申請は、個別の事情によっては不許可になる可能性が高い申請のため、専門家に頼むことが多いと思います。しかし、原則はビザを持っている本人がご自分で行う手続きです。

原則、ビザ申請は外国人本人が行うもの

外国人の方にとって、お一人でこの複雑な手続きを行うことは難しいかもしれませんが、日本人の配偶者の方や、知人、勤務先の採用担当の方などの協力があれば、自力で申請して問題なく許可となる場合もあります。

ここでは、自身でビザ申請を行う際の情報の入手先や注意点について説明したいと思います。

出入国在留管理局の相談窓口を活用する

各出入国在留管理局には、申請窓口とは別に相談窓口があります。地域によっては外国語での対応も可能な窓口があります。ご自身で申請する場合、その窓口を利用すると申請がスムーズに行えると思います。

ただし、あくまでもビザ審査をする出入国在留管理局の相談窓口ですので、事細かくビザ申請が許可となるように教えてくれるというわけではありません。申請書類の書き方や、出入国在留管理庁で公開されている必要書類の案内といった、申請に必要な基本的な手助けをしてくれます。

それ以外で、申請者の個別の事情に応じて提出した方がよい書類までは教えてくれない事がほとんどです。相談窓口の役割は「ビザ申請の手助け」であって、「ビザ申請が許可になるための手助け」ではありません。

相談窓口の助けで問題なく申請できるケースというのは、前回と申請状況が変わっていないビザ更新手続きなど、比較的審査がスムーズにいく申請です。

ビザの変更手続きや新規ビザの申請については、申請者の方の状況によって提出した方がよい書類も変わってきますので、相談窓口の助けだけで許可率を高めるのは難しいかもしれません。

インターネットでビザに関する情報を収集する

ネット社会の現代、必要な情報はインターネットで簡単に入手できます。ビザ申請の情報についても同じです。「就労ビザ 必要書類」「永住許可 理由書 書き方」など、知りたいキーワードで検索すれば、一通り必要な情報は手に入れることはできます。

しかし注意しないといけないのは、情報の質です。インターネット上には多くの情報があふれているため、その中から本当に正しい情報を選び出すのは意外と難しい作業です。

また、ネットでの情報をもとに自分で申請したけど、思うような結果が得られなかったといったケースもよく聞きます。ネット上で集めた情報は断片的なものであったり、他の情報と合わせて複合的に判断しないといけないものだったりします。

つまり、ビザ申請の全体像を把握せずに部分的な理解や要件だけに注意していても、希望する結果を得るのは難しいのです。

ビザ申請は、同じ種類の申請であっても、申請者の方の学歴、職歴、国籍、これまでの滞在歴など様々な事情によって注意すべき点や準備すべき資料が異なるため、一つ一つの申請が全く別の申請と言っても過言ではありません。

そのため、インターネットで紹介されているモデル事例や成功事例を参考にして申請しても、すんなりと許可になるわけではありません。入手した情報が自身の状況と一致するのかどうかということころまで確認しないと、有益な情報としては利用できないのです。

ビザ申請を自分でするのは結構骨が折れる

上記のように、申請者本人がビザ手続きを行う、会社の採用担当者がビザ申請を手伝う、といった場合、相談窓口を利用するには平日に足を運ぶ必要があります。

そして、そこで得られる情報も必要最低限のもので、ビザ申請の許可率を上げるための必要な書類や資料などについての情報はなかなか得られません。

ネットで調べた情報が果たしてどこまで正確なのかを判断するのは容易ではありませんし、ご自身や雇用しようとしている外国人の方の個別の事情にピッタリと合う情報を探し出すことは至難の業です。

これまで紹介したように、自力でビザ申請をすることは可能です。しかし、複雑な申請であったり、何らかの事情で不安な点があるビザ申請であったりする場合、自分だけでどうにかしようとしても、なかなかうまくいかないものです。

ビザ申請の専門家の助けも上手く利用しましょう

ビザ申請に失敗すれば、勤務先への影響も大きいでしょうし、本人にとっても最悪日本にいられなくなってしまう場合もあります。そういったリスクや手間を考えると、ビザ申請の専門家に相談するのも一つの選択肢だと思います。

しらき行政書士事務所では、これまでご自分で申請してうまくいかなかったビザ申請のサポートを数多くしてきました。「留学ビザから就労ビザへの変更が不許可となったケース」、「自分では永住許可の要件を満たしていないと思っていた方が、相談を受けたら永住申請できることが分かり永住許可申請をしたケース」などで、無事に許可となった実績もございます。

「自分でビザ申請しようと思ったけどやっぱり不安だ」「外国人を初めて雇用するので確実にビザを取りたい」と考えられている方は、一度しらき行政書士事務所へご相談ください。当事務所では初回相談は無料で対応しております。

外国人雇用やビザの申請に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る