外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

中国人との国際結婚の手続き

出入国在留管理庁の令和5年10月13日の統計によると、日本に住む中国人は788,495人に上り、在留外国人の中で最も多い国籍となっています。この傾向から、今後も中国人との国際結婚が増加すると予想されます。 実際に、多くの…

続きを読む

ベトナム人との国際結婚の手続き

出入国在留管理庁の令和5年10月13日の統計によると、日本に住むベトナム人は520,154人(前年末比:+30,842人)に上り、在留外国人の中で中国に次いで多い国籍となっています。この傾向から、今後もベトナム人との国際…

続きを読む

育成就労について

2022年12月から始まり、16回にわたって行われた有識者会議で、現在の外国人技能実習制度や特定技能制度の改善を通じて、今後日本が外国人労働者をどのように受け入れるかについて詳しく話し合われました。 その結果、2023年…

続きを読む

登録支援機関を取り巻く状況

特定技能外国人を雇用する際、受入れ企業に代わって外国人の支援を行うのが登録支援機関です。 昨今、登録支援機関となっている事業者にとって密接に関係する話題の一つに新制度「育成就労」の創設検討が挙げられます。 2022年12…

続きを読む

特定技能制度のこれまでとこれから

日本で働く外国人労働者の数は年ごとに増加しており、人手不足に対応するため、日本政府は特定技能を持つ外国人の受け入れを増やす方針を明確にしています。 ただし、技能実習制度における劣悪な労働条件や不適切な待遇に関しては、日本…

続きを読む

特定活動(就活ビザ)とは

日本で就職を目指す留学生は多いですが、残念ながら卒業までに就職が決まらず、帰国しなければならない留学生も少なくありません。 文部科学省の資料によると、外国人留学生の就職者数は全体の約55%を占めており、近年増加しているも…

続きを読む

経営管理ビザを取得して地方部で起業する

昨今、政府や地方公共団体による制度が設けられたこともあり、地方での起業に注目が集まっています。日本人だけでなく外国人も、経営管理ビザを取得したうえで地方部で起業するケースが増えている状況です。 そこで本記事では、経営管理…

続きを読む

経営管理ビザで中古品などを日本国外へ輸出する事業を始めるためには

外国人の方が中古品などを日本国外へ輸出する事業を始めるためには、経営管理ビザに加えて古物商の許可の取得が求められるのが一般的です。 経営管理ビザの取得にあたっては、従業員の雇用や事業所の準備なども行わなければなりません。…

続きを読む

経営管理ビザで飲食店を始めるには

特定技能「外食業」などのビザを保有している外国人の料理人の方が、独立開業して飲食店を経営するためには、経営管理ビザの取得と飲食店営業許可の取得が求められます。 経営管理ビザの取得にあたっては、従業員の雇用や店舗準備なども…

続きを読む

高度専門職のビザに関する概要

高度専門職ビザは、日本国内の発展に貢献できる優秀な外国人の人材を積極的に受け入れるために設けられた在留資格です。このビザの対象となるのは、学歴・職歴・年収などをもとに点数化されて、受け入れ判断の基準を満たした「高度人材」…

続きを読む

外国人雇用やビザの申請(在留資格)に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る