外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

経営管理ビザで飲食店を始めるには

特定技能「外食業」などのビザを保有している外国人の料理人の方が、独立開業して飲食店を経営するためには、経営管理ビザの取得と飲食店営業許可の取得が求められます。 経営管理ビザの取得にあたっては、従業員の雇用や店舗準備なども…

続きを読む

高度専門職のビザに関する概要

高度専門職ビザは、日本国内の発展に貢献できる優秀な外国人の人材を積極的に受け入れるために設けられた在留資格です。このビザの対象となるのは、学歴・職歴・年収などをもとに点数化されて、受け入れ判断の基準を満たした「高度人材」…

続きを読む

宗教ビザについて

宗教ビザは、日本に宗教活動を行う目的で滞在する際に必要な在留資格です。このビザは、宗教団体のメンバーや宗教指導者、宣教師などが対象となります。宗教ビザの取得には、特別な要件や書類が求められるため、正確な情報を把握し、適切…

続きを読む

高度専門職ビザから永住申請をする際の注意点

現在、私は高度専門職ビザを持っている外国人です。永住申請を考えているのですが、申請の手続きにあたって何か注意しておくべきことはありますか? はじめに、高度専門職ビザを持っている方の場合、永住許可の申請時点における高度専門…

続きを読む

4か月の経営管理ビザってどんなときに使える?

2015年、外国在住の人が日本で会社を設立するための「4か月の経営管理ビザ」が導入されました。最近では、このビザを使って、日本で会社を立ち上げたいという相談を受けることが増えています。 4か月の経営管理ビザが新設されたこ…

続きを読む

過去にビザ申請をしたことがある人が別のビザを申請する際の注意点

過去にビザ申請をしたことがある外国人の方が別のビザを申請する際、いずれかの在留資格で現在も日本に在留しているケースでは在留資格の変更手続きが、現在は日本に在留していないというケースでは改めて在留資格の取得申請手続きが求め…

続きを読む

登録支援機関がすべき実務

出入国管理及び難民認定法の平成30年における改正により、「特定技能1号」「特定技能2号」という新しい在留資格が設けられました。これによって、外国人労働者の仕事のサポートをするための「登録支援機関」と呼ばれる団体が日本全国…

続きを読む

短期滞在ビザの申請手続きの流れやビザが免除されるケースを解説

ノービザ(短期滞在ビザの免除制度)によって日本に滞在できる国以外の方の場合、家族や知人のほか、ビジネスなどで外国人を日本に呼ぶためには、短期滞在ビザを取得する必要があります。 短期滞在ビザは毎年多くの訪日外国人の方に利用…

続きを読む

製造業で外国人を雇用する方法は?メリットやデメリットも解説

製造業では、外国人を雇用することで人手不足を解消し、若い労働力を確保している会社もあります。 外国人雇用は手間と時間がかかりますが、上手く活用できれば、若い労働力の確保が可能です。それだけでなく、海外進出の足がかりにもな…

続きを読む

農業で外国人を雇用する方法は?在留資格や手続き、課題を紹介

農業では、外国人を雇用することで人手不足を解消し、若い労働力を確保している会社もあります。 外国人雇用は手間と時間がかかりますが、上手く活用できれば、若い労働力が確保できて、生産性の向上が可能です。 この記事は、農業で外…

続きを読む

外国人雇用やビザの申請(在留資格)に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)

    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る