外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

家族滞在ビザの方が高校卒業後に就職する場合の問題点

外国籍のお子さんで、親の仕事の関係で幼い頃から日本で生活している方はたくさんいらっしゃいます。おそらく多くの方は家族滞在ビザで日本に滞在していると思います。高校ぐらいまでは家族滞在ビザで特に不自由を感じないと思いますが、…

続きを読む

留学ビザで家族を日本に呼ぶ方法

留学生として日本で勉強している方でも、自身の家族を海外から呼ぶことは可能です。ただし、就労ビザの方が家族を呼ぶ場合と比べると、かなり難しいのが現実です。様々な要件をクリアしたうえで、留学生が家族を呼ぶことができるようにな…

続きを読む

営業職で外国人を雇用する場合の注意点

営業職の場合、外国人が就労ビザを取得して働くことのできる職種です。ただ、営業職にもいろいろな種類や分野がありますので、どんな営業職でもビザが取れるというわけではありません。 決まった顧客への営業がメインなのか、顧客は法人…

続きを読む

総務職で外国人を雇用する場合に注意しておきたいポイント

総務職は、外国人を雇用できる就労ビザの要件に該当する職種ではあります。総務職の場合は社内における様々な業務を行いますので、その業務範囲は多岐に渡ります。備品・設備管理、社内規程の作成・管理、社内イベントの企画・運営などが…

続きを読む

海外取引業務で外国人を雇用する場合の注意点

外国人を雇用する場合、海外取引業務を主たる業務としてビザ申請をするケースは結構多いと思います。外国人ということで、海外取引業務での必要性や関連性が比較的容易に立証できるためです。 しかし、海外取引業務であれば簡単に許可に…

続きを読む

在留カードに漢字氏名を表記するには?

氏名表記に漢字が使われる国の方は、在留カードがアルファベット表記だと、普段の生活で不便を感じる場面があるかと思います。公的な申請や届出で氏名を漢字で書くと、「在留カードのとおりアルファベットで記載してください」と言われた…

続きを読む

家族滞在ビザから永住許可を取得するためのヒント

家族滞在ビザは、すでに就労ビザなどを持っている方の配偶者か子どもに与えられるビザです。そのため、その主体となるビザを持っている方(本体者)の状況が大きく影響するビザなのです。 永住ビザ申請においてもこの状況は同じで、ほか…

続きを読む

定住者ビザから永住許可を取得するときのポイント

定住者ビザは、「就労制限がない」、「定住者ビザの中にもたくさんの種類がある」など、ほかのビザとは異なる特徴があります。そのため、永住申請においても注意すべきポイントが違います。 ここでは、永住許可進呈にあたっての定住者ビ…

続きを読む

ビザ申請における実務経験の証明方法

就労系のビザを取得するうえで重要な要件となるのが実務経験です。ビザを取得しようとしている業務に関して、その業務での経験を証明できればビザ申請の要件に該当します。 学歴要件の場合ですと、大学(短大含む)卒業、日本の専門学校…

続きを読む

経営管理者ビザから永住許可を取得するためのポイント

経営管理ビザで事業を行っている方にとって、有効期間のあるビザというのはそれだけで大きなマイナス要素になると思います。 取引相手の方から「ビザの有効期間があるということは、将来日本を離れる可能性がある」と受け取られ、事業を…

続きを読む

外国人雇用やビザの申請に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る