外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

自分でビザ(在留資格)の申請をするメリットとデメリット

ビザ(在留資格)の申請は、原則外国人本人が申請するのが基本ですが、弁護士や行政書士といったビザの専門家に依頼することもできます。 専門家に頼らずに自分でビザ申請する場合、どのようなメリット、デメリットがあるかについて説明…

続きを読む

永住許可の申請で注意したい素行要件と交通違反について

永住許可を取得するための要件は様々なものがあります。そのうちの一つに「素行が善良であること」というものがあります。 これは、日本の法律を守って日本社会の一員として生活していることを求められているということです。何らかの罪…

続きを読む

行政書士に依頼すればビザの許可が下りるまでの期間は短くなる?

ビザ申請は、原則として外国人本人が自分で行うものです。しかし、行政書士や弁護士であれば、外国人からの依頼を受けて、本人の代わりにビザ申請手続きを取り次ぐことができます。 よく耳にするのが「ビザの専門家が申請したら本人がや…

続きを読む

ビザで外国人が単純作業に従事することができる3つのケース

外国人が単純作業に従事することは原則禁止されています。ほとんどのビザ申請において、専門知識や経験を生かした仕事や研究などの活動を行う場合に限り許可されます。 しかし、ビザの種類によってはこの単純作業が認められる場合もあり…

続きを読む

就労ビザから永住許可を取得するためのポイントは?

永住許可を取得することは、就労ビザの方にとっては多くのメリットがあります。就労ビザの場合、フルタイムで勤務していることが前提となります。そのため、景気の悪化や会社の経営状況によって仕事を失ってしまうと、就労ビザが維持でき…

続きを読む

配偶者ビザは離婚歴が多いと不許可になりやすい?

配偶ビザは、結婚さえすれば簡単に取得できるという間違った考えを持った方が多く、ビザの不正取得が問題となる申請です。そのため、審査する入管側も偽装結婚でないかどうかをかなり厳しく審査します。 配偶者ビザの申請では条件によっ…

続きを読む

配偶者ビザは出会いから結婚までの期間が短いと不許可になる?

配偶者ビザの申請においては、その結婚が真実のものであり、ビザを取得することが目的の偽装結婚ではないことを証明する必要があります。 結婚する方にとって偽装結婚を疑われるのは不愉快だと思います。しかし、配偶者ビザの場合、日本…

続きを読む

配偶者ビザは年齢差が大きいと不許可になる?

外国人の方が、日本人や永住ビザを持っている方と結婚すると、配偶者ビザの申請が可能となります。 一般的には、「結婚していれば配偶者ビザが出るのは当然」という認識の方が多いと思いますが、ビザ申請においてこの認識は間違っていま…

続きを読む

家族滞在ビザの方が高校卒業後に就職する場合の問題点

外国籍のお子さんで、親の仕事の関係で幼い頃から日本で生活している方はたくさんいらっしゃいます。おそらく多くの方は家族滞在ビザで日本に滞在していると思います。高校ぐらいまでは家族滞在ビザで特に不自由を感じないと思いますが、…

続きを読む

これから外国人を雇う会社の担当者様へ

外国人の雇用って何から手を付けたらいいの? どんな業務で雇用できるの? 働ける業種も関係あるの? うちの規模で外国人は雇えるの? 4月から働いてもらうにはいつから準備するの? どんな書類が必要なの? 日本語があまり通じな…

続きを読む

外国人雇用やビザの申請に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る