外国人の雇用やビザの申請でお困りでしょうか
手続きに詳しい行政書士がサポートいたします

永住ビザの許可を申請する人が注意しておきたいポイント

永住許可を申請するとき、せっかく時間をかけて準備するのだから、事前に許可となる可能性について知っておきたいというお気持ちがあると思います。

しかし、実際に許可になるかどうかは様々な要素を総合的に審査して決まるため、許可となる確率を知ることはなかなか難しいのです。そのため、申請者の方ができることは、「なるべく許可率が上がる準備をして申請を行う」ということです。

ここでは永住申請にあたって許可率を上げるために気をつけるポイントをご紹介したいと思います。

何度も永住申請をしない

ビザ申請では不許可となっても何回でも再申請が可能です。しかし、やみくもに回数を重ねてもむしろマイナスの結果にしかなりません。永住許可申請も同じです。

一般的なビザの場合、その申請が不許可となると日本に呼べなくなる、もしくは日本で滞在することができなくなるという、かなり深刻な状況に追い込まれます。一方、永住申請の場合、今すでに別のビザを持っている状態ですので、仮に永住申請が不許可となっても今のビザが取り消されるわけではありません。

そのため、「不許可になっても今のビザには影響ないから、とりあえず申請してみよう」と考える方がいるのだと思います。

確かにいま持っているビザには影響はないですが、軽い気持ちで永住申請を出して一度不許可となってしまうと、2回目以降の永住申請に大きく影響します。一度不許可となると、次の申請ではマイナスからのスタートになります。前回の申請で不許可となった要素を取り除いた上で、その他の永住許可要件をクリアしていく必要があるため、ハードルが1回目の申請より高くなります。

また、一度不許可となるとその記録は残りますので、審査する側も2回目以降は厳しい目で審査してきます。「永住申請のチャンスは一度きり」というくらいの気持ちで申請しないと、許可を取得するのはかなり難しくなります。

申請要件と許可要件は同一ではない

永住申請を行うためには、まず申請のための要件をクリアする必要があります。日本での滞在が原則10年以上、現在3年以上のビザを持っているなどの条件をクリアして永住申請が可能になります。

ただ注意していただきたいのが、永住申請のための条件がそろったからといって、申請したら許可になるわけではありません。永住申請のための要件と、永住申請が許可になるための要件は異なるのです。

申請のための要件を満たしても、それはあくまでも永住申請のためのスタートラインに立った状態です。そこから永住許可というゴールにたどり着くためには、永住許可となるための要件をクリアしていかなければなりません。

許可となるための要件は公開されていませんが、これまで実際に許可を取得した人からの情報で、「年収300万円以上」「年金、保険料をきっちり納めている」などのおおよその許可基準がわかっています。

申請できる状態になったらすぐ申請するのではなく、許可基準をクリアできている状態になって申請することで、永住許可となる確率を上げることができます。

事前準備をしっかり行い、永住許可の要件を満たすまで待つ

永住許可が申請できる状態ですぐ申請しても許可にはなりません。許可基準を満たすための事前準備をしっかりすることが重要です。

年収や年金、保険料の納付記録などを調べ、自分が許可の基準となるかを十分に確認します。許可要件をすべて満たしているとなれば、そのまま申請すれば大丈夫です。一方、今の時点では許可基準を満たしていない場合は、

  • 許可要件を満たすためには何をすべきか?
  • いつになれば許可要件を満たすのか?

ということを十分に検討し、許可要件を満たすようになるまで待ちましょう。

一刻も早く永住許可を取りたいというお気持ちは分かりますが、許可率が低い状態で申請して不許可となれば、2回目以降の審査も厳しくなってしまい、最終的に許可を得るまでに多くの手間と時間を要してしまいます。

「この申請で必ず許可になる!」という確信が持てない限り、永住申請はいったん見送った方が得策です。

永住許可に詳しい専門家の活用も検討を

永住許可は就労制限もなく、ビザ更新の必要もなくなりずっと日本にいることができる強力なビザです。そのため、審査する側も通常のビザ申請以上に厳しい目でチェックします。

また、2019年以降は申請時に提出する書類も増え、審査自体もかなり厳しくなってきています。そのため、2019年以前の基準であれば永住許可になったと思われる申請でも不許可という結果が多く出ている状況です。

このように永住許可の取得が難しくなっている状況で、ご自身で許永住可の要件や許可の確率を見極めて、適切なタイミングで申請をすることは容易ではありません。そんな時こそ専門家のアドバイスを受けてみるのはどうでしょうか。

しらき行政書士事務所では、これまで多くの永住許可申請に携わってきました。特に2019年以降に永住許可基準が厳しくなってからも、多くの方からご依頼を受け永住許可取得のお手伝いをしています。そのため、厳しくなった永住申請の許可条件も十分に把握しておりますので、お一人お一人の状況に合わせた永住申請のアドバイスをさせていただきます。

少しでも永住申請に不安をお持ちの方は一度しらき行政書士事務所にお問い合わせください。初回相談は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

外国人雇用やビザの申請に関するご相談
  • 初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所のほか、Zoom等のオンラインでの相談も承っております。
お電話でのお問い合わせ

「ビザ申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日8:00-19:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ご希望の連絡先(必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    お住まいの県(必須)

    ページトップへ戻る